健康セミナーは、生活習慣病や認知症などの
予防活動を行い、地域の皆様の健康づくりに貢献します。

 

 

■次回開催予定

「第3回むろとに泊まって健康セミナー」

●日時/ 平成25年2月22日(金)〜23日(

●場所/ ニューサンパレスむろと

●プログラム

<1日目>

14:00〜15:00   講演「腰痛のしくみ」

   医療法人 恕泉会 内田脳神経外科 リハビリテーション部

            加賀野井 博美 副部長 

15:00〜16:00   「腰痛の克服法」 

16:00〜17:30   「生活習慣病を見直す〜実践〜」

<2日目>

8:00〜 朝食  9:00〜 自然ウォーク(秘境!?散策) ※雨天の場合は中止

10:30 室戸市を出発

参加費: ¥2000(1泊2食付)、宿泊なしの場合は、参加費無料

送迎:高知市内より無料送迎あり(内田脳神経外科・ピアハウス高知より

募集:30名様 ※応募多数の場合は、抽選となりますのでご了承ください

お申込み:ニューサンパレスむろと ℡(0887)22-0012 または

 内田脳神経外科 企画室 ℡(088)849-2350 まで

 

 

  

  

 

 

 

 

 

■第5回(2012年5月11日)
テーマ1「日本一の健康長寿県構想」高知県健康政策部 健康長寿政策課 藤野晋太郎氏
今回は、高知県健康長寿県づくり担当の藤野氏に将来の医療や福祉における高知県の姿についてお話ししていただきました。安芸福祉事務所(室戸市を管轄)のチャレンジプランの紹介があり、特に室戸市は糖尿病における死亡率が県平均の2倍という大きな課題を抱えています。糖尿病重症化予防対策の取組が今後進められますが、まずは、私たち一人ひとりが生活習慣を見直すことが非常に重要だということを教わりました。

 

 

テーマ2「認知症の予防」内田脳神経外科 理事長 内田泰史
これまで認知症は脳の病気と捉えられ、認知症は“治らない”“何をしても無駄”という間違った思い込みに警鐘を鳴らしました。認知症の予防は、医療や介護によるアプローチだけでなく心の持ち方や人とのつながり、生活習慣の改善など総合的に見直すことが重要です。たとえ、認知症になっても脳を活性化させ記憶を取り戻す工夫をすることで認知機能の維持・改善ができ、決して希望を失わないようにとお話しされました。

 

 

テーマ3「ジョン万と坂本龍馬」ジョン万次郎研究家 北代淳二氏
明日の夜明け、江戸から明治への無血転換に大きな影響を及ぼした坂本龍馬。その龍馬に重大なヒントをあたえた万次郎。
どうして龍馬と万次郎は知り合えたのか・・・そこに絡む川田小籠、勝海舟、後藤象二郎の三人との関係を年表を通して興味深く講演してくれました。北代先生ありがとうございました。

 

 

 

■開催実績(月一度、半年毎に改期)
【第2期】
第1回 2012年1月20日
テーマ1「いのち輝け〜高齢者の幸せづくりのため〜」 横川遊亀寿 氏
テーマ2「脳卒中の予防」 内田脳神経外科 理事長 内田泰史

第2回 2012年2月10日
テーマ1「介護予防と百歳体操」 高知市保健所所長 堀川俊一 氏
テーマ2「脳卒中の予防」 内田脳神経外科 理事長 内田泰史

第3回 2012年3月9日
テーマ1「笑顔いっぱい楽しい土佐弁絵語り」 市原麟一郎 氏
テーマ2「脳卒中の予防」 内田脳神経外科 理事長 内田泰史

第4回 2012年4月20日
テーマ1「糖尿病と健康長寿について」 高知高須病院 糖尿病内科部長 末廣正 先生
テーマ2「認知症の予防」 内田脳神経外科 理事長 内田泰史
テーマ3「転ばぬ先の杖〜筋肉を蓄えましょう〜」 ヒューマンモア 松井浩 氏

第5回 2012年5月11日
テーマ1「日本一の健康長寿県構想」 高知県健康対策部 健康長寿政策課 藤野晋太郎 氏
テーマ2「認知症の予防」 内田脳神経外科 理事長 内田泰史
テーマ3「ジョン万次郎と坂本龍馬」 ジョン万次郎研究家 北代淳二 氏

第6回2012年6月8日
テーマ 「いきいき生きる」内田脳神経外科 理事長 内田泰史

【第3期】
第1回 2012年7月20日
テーマ「ガンの予防について」 高知医療センター 名誉院長 堀見忠司 先生

第2回 2012年8月19日
テーマ「私はどんな旅をしてきたか」 関西学院大学教授 野田正彰 氏